MDI型アプリケーションに変更 (Miyota-0.4.1)

今回のバージョンアップでは、これまでツールごとにバラバラと画面が開いていたものを、1つの窓の中で各画面が開くようにしました。

Ss 201312020101

いわゆるMDI (Multiple Document Interface)型アプリになりました。

本ツールの概要についてはこちらのページをご覧ください。

ブログ記事作成支援ツール

ダウンロード

こちらからダウンロードしてください。

HTMLタグ作成ツール (Miyota-041.jar)

ツールを起動

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてください。
起動しない場合はこちらのページの「トラブルシューティング」を参考にしてください。

ブログ記事作成支援ツール

無事起動できたら、こんな画面が出てきます。

Ss 201312020101

バージョン0.4.1の変更点

これまでのバージョンでは「リンクタグコード生成ツール」と「リストタグコード生成ツール」がバラバラ別画面で開いていたのですが、ひとつの窓 (メイン画面)の中で開くようにしました

このUI変更にともない、メニューの構造を見直ししました。
アプリケーション全体的な設定は、全体画面のメニューへ。
各ツールの設定は各ツールのメニューへ配置しました。

また「戻る」機能の実装などユーザビリティの向上や、MDI型アプリ化に伴うコードの見直しをしています。
その辺は使う分にはそれほど違いを感じることはないでしょう。

今回はこのUI変更がメインであり、各ツールの機能追加は行っておりません。

全体設定はメイン画面で

アプリケーション全体の設定はメイン画面に配置しました。

現時点ではリンクタグやリストタグのコードテンプレートのファイルパスを設定する画面が、その全体設定にあたります。

Ss 201312020104

この設定画面は、メイン画面のメニュー「ファイル」>「設定」で開きます。

Ss 201312020102

また、各ツールはメイン画面のメニュー「画面」から開くことができます。
なお、1つのツールを何画面も開くことはできないようにしています。
(各設定画面も同じ)

各ツールの設定は各ツールの画面で

現時点で実装している「リンクタグコード生成ツール」や「リストタグコード生成ツール」のそれぞれに関連する設定は、各ツールのメニューに配置しました。

Ss 201312020103

今あるのは「コードテンプレート」を編集する画面ですね。

Ss 201312020105

それぞれのツールのメニューにて、「画面」>「コードテンプレート」から呼び出せます。

SDI型からMDI型に変更

これまではいわゆるSDI (Single Document Interface)型アプリでした。
各ツールや設定画面がバラバラと開いていたんですよね。

機能追加していくうちはこれでもよかったのですが・・・画面がツールごとにバラバラ開いていくのは、今後の開発を考えると、どうもきれいに収まらなくなっていく感じがしてきました。

そのため、今回のバージョンからMDI型にして、1つの窓の中に各画面が開くような形に変更しました。

もしかするとまたSDI型に戻すかもしれませんが、しばらくはこの形で開発してみます。

ツールの詳細情報

  • ツール名: HTMLタグ生成ツール
  • バージョン: 0.4.1
  • 公開日: 2013/12/2
  • 開発コード: Miyota
  • 開発環境: Java 1.7.0_21、MacBook Pro (13-inch, Early 2011)、Eclipse (Kepler Service Release 1)
  • 使用ライブラリ: Apache commons Validator, Apache HttpComponents Client

ダウンロードした実行ファイルが「Miyota.jar」なのは開発コードそのままだからです。

また改定したり機能追加したらお知らせします。

次の機能追加予定・・・・

元大手電機メーカのシステムエンジニア。 詳しくはこのサイトについての「サイト管理者について」をご覧ください。

無料メールセミナー