スポンサード・リンク

リンクタグコード生成ツールで、指定したURLのサイトからタイトルを取得してくる際に、文字コードを指定できるようにしました。

一部サイトのタイトルが文字化けしていたんですよね。

ひとまず「UTF-8」と「SJIS」に対応しました。

超久しぶりの変更になりますね。
前回のバージョン0.5.5の公開が2013/12/16となっているので、半年ぶりの改良です。

ダウンロード

こちらからダウンロードしてください。

ブログ記事作成支援ツール (Miyota-056.jar)

バージョン0.5.6の変更点

主な変更点は以下です。

  • リンクタグコード生成ツールで、タイトルの文字化けに対応

タイトルの文字化けに対応

指定したURLのサイトからタイトルを引っ張ってきてリンクタグコードを生成する際、サイトによってはタイトルが文字化けすることがありました。

文字コードを指定することで、この文字化けに対応します。

Ss 2014070315023001

リンクタグコード生成ツールのメニュー「エンコード」で「UTF-8」と「SJIS」を指定できます。

国内のほとんどのサイトがこの2つに対応していれば大丈夫、というか現在ならほぼ「UTF-8」でいけるはずです。
なので、デフォルトは「UTF-8」になっています。

本当は「EUC_JP」も対応した方がいいのでしょうが・・・この2つで特に私は困ったことになっていないので入れていません。
追加するのは簡単なので、必要に応じて追加します。

エンコード変更

URLを指定して、サイトからURLを引っ張っていた際に文字化けする場合は、エンコードを変更してみてください。

リンクタグコード生成ツールのメニュー「エンコード」から選択します。

例えば、インプレスさんのサイトは「UTF-8」じゃなくて「SJIS」なので、起動時の状態でタイトルを取得しようとすると・・・

Ss 2014070315023002

こんな感じでタイトルが文字化けします。

では、エンコードをSJISに変更してから実行すると・・・

Ss 2014070315023003

はい、文字化けがなくなりましたね。

ソースコードの取得方法を変更

目には見えないところの改造ですが、サイトからソースコードを取得する際の方式を変更しました。

まあ、目には見えないところなので気にしないでもいいです。
興味ある人は聞いてみてください。
(そのうち記事にするかも)

ツールの詳細情報

  • ツール名: ブログ記事作成支援ツール
  • バージョン: 0.5.6
  • 公開日: 2014/07/03
  • 開発コード: Miyota
  • 開発環境: Java 1.7.0_51、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2013)、Eclipse (Kepler Service Release 1)
  • 使用ライブラリ: Apache commons Validator, Apache HttpComponents Client

ダウンロードした実行ファイルが「Miyota.jar」なのは開発コードそのままだからです。

また改定したり機能追加したらお知らせします。

追加予定の機能たち・・・

  • 複数画像の投稿支援機能
  • 画像リストの順番を変える
  • タイトルの一覧を表示する
元大手電機メーカのシステムエンジニア。
詳しくはこのサイトについての「サイト管理者について」をご覧ください。

スポンサード・リンク

運営中のサイト

Facebookページ

Facebookページもあります!この記事が役に立ったら、下のボタンで登録していってください!